公式栄養士の青汁健康マガジン Fresh-Veggie

【徹底比較】おすすめ! 青汁の飲み方 ランキング7選

昔に比べると格段に飲み易くなった青汁ですが、野菜独特の味わい・風味が苦手・・・という方もいらっしゃると思います。飽きずに毎日飲むことが大事な青汁だからこそ、飲み易い飲み方を知ることはとても大事だと思います!これからお薦めをいくつかご紹介しますので、ぜひご参考にしてください!

青汁の飲み方ってたくさんあるよね!  ユウちゃんはどれが好き?

う~ん、ミネラルウォーター、牛乳、ヨーグルト・・・
どれがいいんだろ・・・・
毎日飲むからこそ、続けられるような飲み方がいいな~

了解だよ!
今日は、100種類以上の青汁を試した経験から、僕なりのおすすめを教えるね♬♪

【間違いない!定番】牛乳と青汁

牛乳で青汁を割ると、青汁の苦みが苦手な方や子供でも飲みやすくなります。牛乳であればどれでも大丈夫です! 青汁自体が保有する豊富な栄養素と一緒に、高たんぱくでヘルシーな牛乳で混ぜ合わせて飲むと相乗効果からさらなる効果が発揮されるとして注目されています。

毎日飲む青汁だからこそ、時に牛乳との混ぜ合わせに飽きてしまう方もいると思います。そんな方には抹茶、フルーツ果汁などを加えて味の変化を楽しむこともいいとおもいます。

コスト面でも、イトーヨーカドー等のコンビニでは牛乳1リットル200円ぐらいなので、お好みとはなりますが、青汁1杯で牛乳50cc~80ccほどが適量ですので、1杯10円ぐらいですね。これは嬉しいですね

是非一度牛乳で割る方法を試してみてくださいね。

味わい
風味
栄養価
コスパ

【新たな定番となりつつある】青汁×豆乳

ご存知の通り、非常に栄養価の高い食品として有名な豆乳。牛乳の味わい・風味が苦手で飲めないという人やベジタリアンの方にはうってつけだと思います。是非一度、豆乳で割って飲んでください!

豆乳に含まれる代表的な成分は、やはりイソフラボンです。抗酸化作用がある成分であるイソフラボンは、女性ホルモンの一種である“エストロゲン”と似たような役割を果たしてくれます。

エストロゲンとは、女性らしさを維持することとても重要なホルモンで、美しい肌や髪を保つに効果があるといわれています。しかし、残念ながら、年齢を重ねるごとにどうしても少なくなってしまいます。テレビCMやネットCMでもよくPRされているサプリメント商材にありますよね。イソフラボンを効果的に摂取することで、減少したエストロゲンの働きをカバーするといわれているので大変重宝されているのです

コスト面でも、イトーヨーカドー等のコンビニでは豆乳1リットル200円ぐらいなので、お好みとはなりますが、青汁1杯で豆乳50cc~80ccほどが適量ですので、1杯10円ぐらいですね。これは嬉しいですね

是非、牛乳も豆乳もどちらも平気!という方、最近カラダの動きが若いころと違うな~と感じる方、是非一度豆乳で割る方法を試してみてくださいね。

味わい
風味
栄養価
コスパ

【美味しい!】青汁 x りんご

 牛乳も豆乳も毎日飲むのは苦手・・、青汁の青臭さは苦手・・、という方にはうってつけなのがリンゴです。青汁とリンゴは対照的なイメージがありますが、掛け合わせてみると意外に意外で相性抜群です!ポリフェノールが豊富に含まれるリンゴ、血液をサラサラにする効果、食物繊維が腸内環境を整える効果を期待できます。

作り方は、先ず、リンゴの皮を剥いたあとで、1/2(半分)をクシ型にだいたい1cm~2cmに切ります。そのあと青汁と水50cc~800ccを混ぜて一気に出来上がり♪♪

コスト面は、季節にもよるのですが、イトーヨーカドー等では1個 100円~200円。1杯に半分使用するので1杯50円~100円ぐらいですね。牛乳等に比べると少しお金はかかりますが、美味しく・楽しく青汁を頼みたい方には良いですね

朝比較的時間をかけて朝食をされている方であれば、ジューサー使用も気にならないと思います。意外とハマるかもしれませんので、是非一度リンゴで割る方法を試してみてくださいね。

味わい
風味
栄養価
コスパ

【毎朝メニューに追加】青汁x ヨーグルト


朝食メニューの一つの定番ともいえるヨーグルトは、口当たりが良く、ほど良い酸味があり、青汁との相性が抜群です。青汁特融の青臭さや苦みを抑えてくれる上、便秘解消に効果のある善玉菌の活性化の役割を大きく果たすのです。食物繊維が豊富な青汁と乳酸菌を含むヨーグルトの組み合わせは、腸内環境を整える効果は抜群です!

お水や牛乳等の水分で青汁を取ると、お腹一杯になり、通勤途中にトイレに駆け込むなんてことありますよね?(苦)・・と不安な方であれば、ヨーグルトはホントおすすめです。
また、コラーゲン創出でみずみずしいお肌を手に入れる効果、体内に必要な栄養素の吸収率が高まるため、髪にハリとツヤを与える効果も期待できます。

コスト面は、イトーヨーカドー等では1個 150円~200円。1杯に半分使用するので1杯15円~20円ぐらいですね。牛乳等などとほぼ同じぐらいの費用感ですし、美味しく・楽しく青汁を頼みたい方には良いですね

毎朝ヨーグルトを食べる習慣のある方であれば、少し青汁粉を振り・混ぜるだけでできてしまうのでとってもおすすめです

味わい
風味
栄養価
コスパ

【美味しさNo.1】青汁xフルーツジュース


青汁の苦味が気になる人は、甘みのあるフルーツジュースとの掛け合わせはとってもおすすめです。グレープフルーツ、キュウイ、オレンジジュースなどの柑橘系ジュースは、青汁の青臭さを完全に抑える役割があり、青汁特融の味わい等が気になる人におすすめの飲み方です。

コスト面は、フルーツジュースは結構お値段がしたりしますので、他に比べると毎日のことですし、お金はそれなりにかかってしまいますね。ですので、あまりこだわりを持たず、お近くのスーパーで旬でリーズナブルなフルーツジュースを一気に大人買いして使用していくのがコスパが良いと思います。

味わい
風味
栄養価
コスパ

【高栄養価No.1】青汁 x スムージー


青汁は緑の葉野菜のみで作られていますが、スムージーは葉野菜に果物を加えてミキサーなどで混ぜた飲み物です。普段からスムージーを飲んでいる人は、葉野菜の代わりに粉末の青汁を入れるだけで作れます。
 青汁に果物を入れることで甘みが増し、スムージーのまろやかな口あたりが飲みやすいと人気があります。日替わりで果物の種類を変えたり、豆乳や牛乳を加えたりすることで、飽きずに毎日続けやすいのではないでしょうか。

コスト面は、緑の葉野菜は意外とお値段がしたりしますので、他に比べると毎日のことですし、お金はそれなりにかかってしまいますね。ですので、あまりこだわりを持たず、お近くのスーパーで旬でリーズナブル野菜をまとめ買いして使用していくのがコスパが良いと思います。

手間もお金よりもとにかく、栄養価と効果を期待する方であれば、こちらがおすすめです!

味わい
風味
栄養価
コスパ <

【2019年おすすめNo.1】スティックタイプの青汁

毎日飲む青汁。忙しい朝に、コップを出して、青汁入れて、お水や牛乳と混ぜて飲み。そこから歯磨きもしたいですよね!意外とこれをルーティンにするって・・・とお悩みの方にはうってつけなのがこれです!

新しいタイプの青汁といっても過言ではないと思います。手にヒラ収まるスティックタイプだからこそ、通勤中・会社デスクでもサクっと食べて補給できるんです。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ
■お手軽持運可能な30包のスティックタイプ
■生命力がたっぷり!北海道自生の天然のマイザサの力
■健康を強力サポート、乳酸菌とイソマルトオリゴ糖配合
■40種類を超える植物原料等を発酵使用

この記事でわかること

  • ✔ とにかく飲み易さ!を拘わるなら牛乳
  • ✔ とにかく栄養価の追及!を拘わるならスムージー
  • ✔ とにかく安く抑えたい!拘わるならお水
  • ✔ とにかく機能性重視!を拘るならスティックタイプ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加