公式栄養士の青汁健康マガジン Fresh-Veggie

調べてみた~青汁の美肌効果

知っておくべき青汁成分~栄養士おすすめ~

青汁の効能については本当に多くのことが言われています。実際には間違いなく良い健康食材であるとは思うのですが、ウェブサイトによっては”嘘でしょ!?”と思わざる得ないこともありますよね^^ 様々なウェブサイトで唄われる効能が本当かどうか?を信用できる消費者庁からの見解をもとに、説明していきたいとおもいます! 今回はまず女性の皆さんが気になるワード「美肌効果」です
青汁には豊富な栄養成分を含んでいて健康に良いのは知っているけどく美肌・美容効果があるという言葉を目にする機会が多いよね。実際のところはどうなんだろう~?
納得
確かに・・食物繊維が豊富で腸環境の整備にはとても効果がある!と言われれば信じてしまうよね。でも信じて大丈夫だよ。美肌・美容効果はあるんです♪♪
え?! そ、そ、そうなんですか・・?
納得
専門的に説明すると難しいから、少しわかりやすく説明するね♪♪

ヤクルトグループが検証・照明

グルコラファニンが肌の保湿機能を改善 2018年12月:ヤクルトヘルスフーズ社による飲用試験を実施した結果、グルコラファニンを含むケール青汁の継続的な試飲により、肌の水分量が高まり保湿機能を改善する効果が確認。参照情報

青汁ベストによる公式見解

ビタミンC、ビタミンE、βカロチン等の栄養素を豊富に含む青汁だからこそ、美容効果は間違いない

●コラーゲンの生成

コラーゲン生成に必須であるビタミンCを豊富に含み、美肌づくりに役立ちます。

●むくみの抑制

カリウム/むくみの原因は、体内に溜まった余計な塩分。特に、ケール由来の青汁にはカリウムが豊富に含まれています。カリウムには、細胞の浸透圧をナトリウムとともに維持調整する働きがあり、体内に溜まった余計な塩分の排出を促進させ、体内の水分バランスをうまく調節してくれます。

●老化防止を促進

豊富なビタミンCやβカロテン等の抗酸化物質が、体内の活性酸素を無力化することにより老化防止。青汁には抗酸化作用を持つ成分(ポルフェノール等)が含まれており、殺菌作用、血糖値や血圧値を正常化する効果による糖尿病・高血圧等の予防、老化や生活習慣病予防が期待されています。

●腸内環境の整備

豊富な食物繊維の働きなどにより、腸内細菌バランスを保つことに貢献します。特に、美容に良いと言われるビタミン、アミノ酸合成は善玉菌によるものといわれております。なお、その逆で悪玉菌とは、肌荒れ、免疫力低下、慢性疲労、便秘などを引き起こします、ブドウ菌や大腸菌が代表格です。

青汁に含まれる主なビタミンの基本情報

POINTビタミンと一言で言っても多くの種類があります。青汁と美容のつながりにいおいては、次の5点ぐらいを覚えておくと良いです。 ⓵ビタミンAとは・・・皮膚/粘膜を正常維持を促進する効果 ⓶ビタミンCとは・・・余分な皮脂の分泌を減らす作用によりニキビ跡やお肌のハリにつながる効果 ⓷ビタミンB2とは・・・脂肪の代謝や細胞再生を促進する効果 ⓸ビタミンB6とは・・・皮膚や粘膜を生成する効果 ⑤ビタミンEとは・・・抗酸化作用による血行促進、代謝活性化によるアンチエイジング効果

まとめ

青汁の美肌効果について・・

  • 青汁に美肌効果はある(検証済み)
  • 美肌効果の最高成分はグルコラファニン(検証済み)
  • 青汁には美肌効果に直結する豊富なビタミンがある
  • 青汁にはむくみ抑止・コラーゲン生成も期待できる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加