公式栄養士の青汁健康マガジン Fresh-Veggie

【2019年_解説】青汁素材 ケール

納得
最近の青汁素材と言えば、大麦若葉由来の青汁が注目を浴びています。一方で、元祖青汁ともいえる”ケール”への熱心なファンも増えており、特に青汁感を求めてケールへの注目度高まってきています

【基本情報】ケールとは?

 ケールとは、キャベツやブロッコリ-と同様の色野菜カテゴリー。とにかく栄養価が高いことで有名で、ビタミン・カルシウム・ベータカロテンや食物繊維が特徴的です。特にビタミン豊富による美容効果が若い女性からの注目が上昇中です♪!

ケールの特徴

 青汁原料として有名なケールですが、それ以外のケールの特徴はほとんど知られていないです。 実は、緑黄色野菜の王様”と呼ばれているほど、高い栄養価を備えています。ヨーロッパではサラダで食べたりスープに入れたりで比較的有名な食材ですし、米国では“スーパーフード”として有名なぐらいです。

 とにかく苦いものというイメージの通り、強烈な青臭さとエグみがあり、決しておいしいとは言えない独特な味のケールですが、加熱することなどにより甘みも醸成されます。。

 だからこそ、日本では、ホウレンソウみたいに食卓で使われる野菜としての需要は高くなく知名度は高くなく、青汁の原料として使用されるのが一般的なのが現状です。

 昭和の時代にはキューサイ青汁のCMで話題になったのは有名ですね♪♪ しかし・・インパクト強いです。

ケールの成分

大変栄養価が高いケールには、豊富なビタミン類やミネラル等がバランス良く含まれていています。他の青汁素材である大麦若葉や明日葉等と比べても負けていません。特にビタミン成分が豊富であることから、美容効果・美肌効果および免疫力UPへの効果が期待されており、最近では、米国同様に「ケールは綺麗になるための野菜」としての認知が広がってきています

ビタミン

抗酸化作用のあるビタミンC/E、ビタミンAに変化するβ-カロチン、など本当に豊富なビタミン類が含まれています。なお、ビタミンCの含有量はホウレンソウの3倍以上、と言われています。βカロチンの含有量はキャベツの50倍以上と言われています。

食物繊維

青汁の特徴である”食物繊維”は勿論豊富に含まれています。ケールが有する食物繊維(水溶性食物繊維)は、血糖値上昇の抑制効果があると言われています。

ルテイン

 あまり聞いたことのない成分ですが、目の健康に働きかける成分として着目されています。ルテイン自体は、高い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。

 パソコンやスマホにあふれた今の世代にとっては、それらから発せられるブルーライトが目に与える影響は中長期的には懸念をされており、このルティンはダメージ軽減に有効とされています。

メラトニン

別名不眠症の改善への効果が期待されています。

カルシウム

 カルシウムと言えば”牛乳”をイメージすると思いますが、意外なことに、ケールには牛乳の2倍以上のカルシウムが含まれています。ご存知の通り、カルシウムは心身ともに効用があると言われております(例:神経安定、骨粗 関連病)

ギャバ

血圧上昇を抑制への効果が期待されています。

ケール青汁の飲み方

青汁の素材原料と有名な3つ(ケール、大麦若葉、明日葉)の中で、ケール由来の青汁は独特の風味があります。比較的好き嫌いが分かれる素材であり、逆に言うと、ケールの”青汁感”を支持する声もとても多いです。

牛乳

青汁との相性抜群な牛乳はケール由来の青汁にも当然抜群です。牛乳に混ぜることで抹茶オレのような風味になり、毎朝続けて愛飲するにはおすすめです!

ヨーグルト

牛乳同様に青汁と相性が良いのがヨーグルトです。牛乳とは違った触感が楽しめ、ヨーグルト派もとても多いです。牛乳とヨーグルトをタイミングを変えて愛飲されることがいいかもしれません。是非、お好きにアレンジしてお飲みください。

ケールの期待効果

ダイエット効果

 食物繊維には腸内環境改善のほかにも、お腹の中で水分を含んで膨らむことで、食べ過ぎを抑制する作用がありますので、結果としてダイエット効果があります。

生活習慣病の予防

 食物繊維にはそのほかにも、コレステロール値のコントロールや血糖値の上昇抑制の効果があり、一般的には高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防に有効とされています。もちろん、生活習慣病のもととなるメタボリックシンドロームを予防・改善する効果もあります

免疫力のアップ

 免疫機能を高めるビタミンやリブロース-1などの成分が含まれています。免疫力が向上すれば、風邪もひきにくくなります。その他感染症やアレルギー症状の抑制効果も期待されています。

美肌効果

 美肌効果と言えばコラーゲン!ケールには、コラーゲン生成支援する成分であるビタミンCを豊富に含んでいます。青汁素材で有名なケール、大麦若葉、明日葉などの中でもビタミン成分が最も豊富であるのがケールです。

便秘の抑制効果

 これは青汁の最大特徴ですので、ケール素材も当然効果があります。ケールに含まれる食物繊維には腸内環境を改善し、便を促進する効果があります。

アンチエイジング効果

 アンチエイジング効果に重要な役割を果たすと言われている抗酸化作用、これを持つ栄養素が豊富に含まれています。ビタミンA(、ビタミンC、E、などはどれも強い抗酸化作用を持っており、老化の原因と言われる活性酸素の抑制に効果があります、これら成分は新陳代謝を生み、肌の生まれ変わりを促進させます。

おすすめ商品データ

青汁

ファンケル 1食分のケール青汁

会社名 ファンケル
価格 3,000円(税別)※30本入り
内容量 3.4g×30袋
原材料 ケール(国内産)、でんぷん分解物、難消化性デキストリン(食物繊維)
ご注意 薬(特に血液凝固阻止薬など)を服用中の方、ビタミンKの摂取制限を受けている方、あるいは通院中の方はお医者様とご相談のうえお召し上がりください。

この商品を詳しく見る

まとめ

青汁の素材 ケールとは

  • 青汁素材の中ではくNo.1の高い栄養価
  • 豊富なビタミン成分により美容効果・美肌効果に期待!
  • 独特風味の青汁感の熱心なファンは非常に多い!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加